民間学童保育は子供が有意義な時間を過ごせる場所です

民間学童保育がおすすめな理由とは

斜め横を見る笑顔の男の子

最近民間の学童が増えていますが、民間学童保育を利用することによってどのようなメリットがあるのかと、疑問に思われている方も多いのではないでしょうか。民間学童保育は、利用時間が長く、教育サービスが充実しており、公立学童には無い魅力が色々とあります。子供の放課後の時間を有意義なものにしてあげる事ができますし、働くお父さんお母さんは、夜遅くまで働いていても、安心して子供を預けられるというメリットがあるので、学童保育の利用を考えているのなら民間学童保育を利用することをおすすめします。
特に、仕事が長時間勤務の場合や、不規則勤務の場合は民間学童保育の方が便利だと思います。公立学童保育の場合は、基本的に夜18時以降は預かってもらう事ができません。学童が終わったらその後はベビーシッターに来てもらうという手もありますが、これだと二度手間になる上に、民間学童保育を利用するよりも割高になってしまいます。その点、民間学童保育の場合は、夜の19時以降でも預かっていてくれる施設が多くありますし、仕事の勤務時間が長かったり、不規則な勤務である場合にも安心して利用できます。民間学童保育は教育に力を入れている施設が多いですし、子供に有意義な時間を過ごさせたいという場合にも、民間学童保育の利用をおすすめします。

民間学童保育は子供の預け先として人気

民間学童保育というものを、ご存知でしょうか。そもそも学童というのは、放課後子供を預かってくれるサービスなのですが、実は自治体が運営する公立の学童だけではなく、民間の会社が学校法人を運営している学童も多くあるのです。保育園とは違って許認可制ではないため、近年は様々な場所に民間学童保育があります。民間学童保育は公立学童保育と比べて、設備やサービスが充実しているところが多く、子供の放課後を有意義なものにしてくれます。
学校の宿題のサポートから始まり、その他にも色々な教育サポートがあるため、子供の能力を伸ばすのにももってこいの場所なのです。一般的な勉強だけではなく、バレーやスイミング、音楽などの習い事を提供しているところも多いですし、習い事がある場合は途中で抜けることもできるので、他に何か習い事をしているという場合にも安心です。
また、民間学童保育は利用時間が長いというメリットもあります。公立学童の場合は仕事終わりの時間と学童の終わりの時間とが合わなくて、仕事を早抜けしなければならないというような事態になることも多いです。しかし、民間学童の場合は19時以降でも利用可能なところが多いですし、問題なく利用することができます。

運営主体を重視して民間学童保育を選ぶ方法

地域に密着した民間学童保育が各地にある一方で、大手の会社が運営している施設も多数あります。特に教育関連企業が運営している施設は、設備やサービスのクオリティーが高いので人気があります。個別の民間学童保育のホームページを訪れると、運営会社などの詳細な情報を知ることができます。とりわけ注目度が高まっているのは、学習塾などを運営している企業の系列の民間学童保育です。教育関連企業の学童保育はワンストップで様々なサービスを利用できるので、習い事などをするときにも移動する必要がないのが魅力です。
また子供向けの学習指導のノウハウも持っているので、単に放課後を過ごすだけではなくて学力を高められるメリットもあります。しかし大手の会社が運営する学童保育であっても、施設によってコンセプトや料金が異なります。したがって子供を入れる施設を選ぶときには、プログラムや月額料金などを丁寧に調べる必要があります。また延長保育の時間帯や夏休みのフォロー体制も調べると、共働きの家庭が利用しやすい民間学童保育を見つけることができます。最近ではオンライン説明会を開催する施設も多いですが、実際に内部を見学したりスタッフと話をすることも重要です。

おすすめコンテンツ

遊ぶ幼児を見守る保育士

保護者が民間学童保育を活用するメリット

放課後の時間を安全で快適に過ごせることが、民間学童保育を利用する最大のメリットです。全国各地に児童を預かる民間学童保育があるので、地域を問わずに一人一人に合った施設を見つけることができます。特に…

click!more
虫眼鏡を覗く子ども

サポートが手厚い民間学童保育に子供を入れよう

子供の教育に自信のない保護者は、放課後の時間の活用について悩みを抱えています。しかし教育の質が…

アスレチックに立つ少年

送迎ありの民間学童保育は安心して預けられる

手厚いサポートがある民間学童保育なら、教育の他に、車などによる送迎もあります。子供だけで移動さ…